小児歯科

乳歯と永久歯

子どもの顔は小さく、大人になるにつれて成長してゆきます。乳歯は小さなあごに生えるために、数も永久歯より12本も少なく20本です。
乳歯の大きさ、厚さも永久歯より小さくしかも薄いため、虫歯になればすぐ神経がおかされてしまいます。
乳歯は、生後6ヶ月ごろから下の前歯が生えてきます。2歳で奥歯まで全てが生え揃います。
永久歯は6歳ごろからまず、第1大臼歯が生え、13歳までに全てが生え揃います。
乳歯と永久歯の交代がスムーズに行われるには、乳歯の歯根が永久歯の萌出に伴い吸収され適切な時期に抜けて永久歯が生えてくることが大切です。

歯の数と名前

前歯は順に中切歯、側切歯、犬歯と言います。臼歯は、小臼歯と大臼歯があります。
前から順に第1小臼歯、第2小臼歯、第1大臼歯、第2大臼歯、第3大臼歯があります。

永久歯は、6歳ごろからまず第1大臼歯(6歳臼歯)が生え始め、
12歳ごろまでに前歯から第2大臼歯までの計28本が生えそろいます。

しかし、第3臼歯は、生えるのが遅く、
一般に20歳~30歳までの間に生えてくることが多いのです。

顎骨の成長
乳歯列と永久歯列

乳歯が生える標準年齢

-
上顎 下顎
乳中切歯 8~11ヶ月 6~7ヶ月
乳側切歯 11~12ヶ月 10~11ヶ月
乳犬歯 1歳8ヶ月 1歳8ヶ月
第1乳臼歯 1歳6ヶ月 1歳7ヶ月
第2乳臼歯 2歳 2歳

永久歯が生える標準年齢

-
上顎 下顎
中切歯 7~8歳 6~7歳
側切歯 7~8歳 7~8歳
犬歯 9~11歳 9~11歳
第1小臼歯 10歳 10歳
第2小臼歯 10~12歳 10~12歳
第2大臼歯 6~7歳 5~7歳
第2大臼歯 11~13歳 11~13歳

母親の育児態度

むし歯をつくりやすいタイプ 

むし歯の多い子どものお母さんを見ていると、4つのタイプに分けられるようです。

甘やかしタイプ・過保護タイプ 

子どもの欲求に対して、欲しがるままにジュースやお菓子を与えることが多い。

■ 1~2歳の子どもで寝る前にだだをこねたらすぐに哺乳ビンを使用したり、ジュース穎を飲ませる。
■ 常に子どもの身の回りにお菓子の買い置きがある。

放任タイプ 

子どもの欲求に対して、欲しがるままにジュースやお菓子を与えることが多い。

■ 一人で食事をさせたり、お小遣いを与え勝手に買い食いさせたり、子どもの行動に無関心なことが多い。

ついついタイプ

むし歯がなく、子どもが健全に育つことを願い、その方法も知ってはいるがついつい家庭環境に左右されてしまう。

■ 祖父母同居のために、泣かれたら困るとか、自分の育児方針を出せず、祖父母がお菓子など与えることに対して、諦めて黙って見ている。
■ 共働きのために時間がなく、ついつい食事の前に間食を与えたり、食事内容がインスタント風になったりする。  
■ 下の子が生まれたりすると上の子まで手が回らず、ついついお菓子などでごまかしてしまう。 

その他のタイプ

子どもの発育段階を把握できていない。

■ もう2~3歳で、コップで飲むことができるのに、まだ哺乳ビンで飲ませている。 健康食品といわれるものに対して、正確な評価を持たない。
■ 健康スポーツ飲料を水分補給のために水の代わりに飲ませているが、その内容は糖分が多く、その子どもは惨たんたる状態になっている。
■ 責任を他へ転嫁する。  
■ 遊びに行ったら、お菓子やジュースをご近所でもらうから。
■ 子どもに「あなたが甘いものばかり欲しがるからいけないのよ」という。
■ 大人が食べているんだからしょうがない・・・など
■ 第一子は、真剣に育児に取りくみ、むし歯のない子に育てたのに、第二、第三子になるにつれて、手抜き育児になっているお母さんもいる。 

むし歯の無い子を育てるには! 

乳歯が生えてきたら、できるだけ早くフッ化物の塗布をすることをお勧めします。
歯科医院に慣れること。
定期的にお口の清掃とフッ素塗布を行うこと。
口腔清掃の習慣づけをすること。

3歳男児

3歳男児
3歳男児
3歳男児
3歳男児
3歳男児

5歳女児

5歳女児
5歳女児
5歳女児
5歳女児
5歳女児
5歳女児

6歳男児

6歳男児
6歳男児
6歳男児
6歳男児
6歳男児
6歳男児
山陽新聞のマイベストプロ岡山に院長が掲載されました!