小児歯科


3歳男児

    X年2月 1歳 初診
  X+2年8月 3歳 定期検診時撮影 乳歯は生え揃い、乳歯列の完成を認める。
定期的にプロフェッショナルクリーニング・フッ素塗布を実施。現在(X+7年時点)も継続的に来院され、ムシ歯0で経過中。
3歳男児
3歳男児
3歳男児
3歳男児
3歳男児

1歳時、前夜に歯を打って歯が欠けたとのことで初めてご来院いただいた患者さまです。以後定期的にフッ素塗布・プロフェッショナルクリーニング(PMTC)などの処置を受けてこられました。撮影は3歳時点で、乳歯列は完成し、キレイな状態を維持しています。患者さまによって磨き残しやすい部分や歯石のできやすさ/できやすい箇所は異なります。当患者さまも、撮影日以降の定期検診の際に歯石がつきやすいとのご相談をいただきました。ご本人にブラッシングやフロス・糸ようじの使い方の指導を、お母さんには仕上げ磨きの練習をしていただきました。現在も定期的にご来院いただき、その都度必要な指導をさせていただいており、大きなトラブルなくムシ歯0です。



5歳女児

  Y年11月 5歳 初診時撮影 乳歯列の完成を認める。

初診より3〜4ヶ月に1回の定期検診を実施。プロフェッショナルクリーニング・フッ素塗布により、現在(Y+6年時点)もムシ歯0で経過中。

5歳女児
5歳女児
5歳女児
5歳女児
5歳女児
5歳女児
   5歳時、検診を希望され初めてご来院いただいた患者さまです。乳歯列は完成し、ムシ歯0の状態です。初診時以降も定期的にフッ素塗布・プロフェッショナルクリーニング(PMTC)などの処置を受けてこられました。
  上述した通り、患者さまによって磨き残しやすい箇所は異なります。これは、歯みがきの際のお口の開け方によるブラシのあてやすさ(あたりやすさ)や磨くときの癖なども関係しています。当患者さまについては、定期検診を続ける中でお口の開け方のくせにより磨き残してしまいがちな箇所が判明し、指導させていただきました。

   また、小学生になり、歯科検診で歯肉炎と診断され、来院いただきました。この際にはブラッシングの指導、特に歯の根もとに適切な力でブラシの毛先をあてる練習をしていただきました。

  一般的に磨き残しが多い個所として歯の根もとや奥歯の奥があげられます。保護者の方には、年齢に応じて仕上げ磨きの頻度調整をすることと、ご本人の様子を見ながら一番奥まで歯ブラシを届かせるようお声掛けしていただくことなどをお願いしています。

6歳男児

  Z年12月 1歳 初診

  Z+5年  7月 5歳 定期検診時撮影 乳歯列の完成を認める。

  初診より3〜4ヶ月に1回の定期検診を実施。プロフェッショナルクリーニング・フッ素塗布により、現在(Z+10年時点)もムシ歯0で経過中。

6歳男児
6歳男児
6歳男児
6歳男児
6歳男児
6歳男児

  作成中です。



乳歯(子どもの歯)と永久歯(大人の歯)

乳歯は永久歯と比べて小さく薄いため、う蝕(むし歯)になりやすいと言われています。

個人差もありますが、3歳ごろまでには上下で20本の乳歯が生えそろいます。


乳歯は初めに生後6ヶ月ごろに下の前歯が生えてきます。
永久歯は6歳ごろから第1大臼歯が生え始め、13歳までに全てが生え揃います。
乳歯と永久歯の交代がスムーズに行われるには、乳歯の歯根が永久歯の萌出に伴い吸収され適切な時期に抜けて永久歯が生えてくることが大切です。

歯の数と名前

前歯は順に中切歯、側切歯、犬歯と言います。臼歯は、小臼歯と大臼歯があります。
前から順に第1小臼歯、第2小臼歯、第1大臼歯、第2大臼歯、第3大臼歯があります。

永久歯は、6歳ごろからまず第1大臼歯(6歳臼歯)が生え始め、
12歳ごろまでに前歯から第2大臼歯までの計28本が生えそろいます。

しかし、第3臼歯は、生えるのが遅く、
一般に20歳~30歳までの間に生えてくることが多いのです。

顎骨の成長
乳歯列と永久歯列

乳歯が生える標準年齢

-
上顎 下顎
乳中切歯 8~11ヶ月 6~7ヶ月
乳側切歯 11~12ヶ月 10~11ヶ月
乳犬歯 1歳8ヶ月 1歳8ヶ月
第1乳臼歯 1歳6ヶ月 1歳7ヶ月
第2乳臼歯 2歳 2歳

永久歯が生える標準年齢

-
上顎 下顎
中切歯 7~8歳 6~7歳
側切歯 7~8歳 7~8歳
犬歯 9~11歳 9~11歳
第1小臼歯 10歳 10歳
第2小臼歯 10~12歳 10~12歳
第2大臼歯 6~7歳 5~7歳
第2大臼歯 11~13歳 11~13歳

お子様のお口の健康を守るには! 

お口の中に歯ブラシが入る感覚を歯が生える前から覚えてもらうこと!

歯科医院に慣れてもらい、定期的にお口の清掃とフッ素塗布を行うこと!

毎食後の歯みがきの習慣づけをすること!

正しいブラッシング方法を意識すること!

保護者の方による仕上げ磨きを行っていただくこと! etc・・・

☆★☆当院では乳児期からお子様の検診やブラッシング指導を行っております。お子様の年齢に合わせた適切な口腔ケアを行い、正しいブラッシング方法や生活習慣を身につけることで健やかな歯を育み、一生涯お子様ご自身の歯を残していくことを目指しています。お子様のことで少しでも気になることがありましたら、いつでもお気軽にお尋ねください。☆★☆

山陽新聞のマイベストプロ岡山に院長が掲載されました!

↑画像をクリック!

↑画像をクリック!