歯周病になりやすいタイプ例

中高年からこどもまで

免疫力が低下してくる中高年を中心に、子どもにも増えている歯周病。丁寧に歯磨きをしないとリスクが高まるのは当然ですが、歯周病菌を妨げる働きを持つ「唾液」が不足するのも良くありません。さて、あなたは大丈夫?

なりやすい人① 女性

なりやすい人① 女性

女性ホルモンと歯周病の関係実は「女性ホルモン」にも影響します。歯科医も、妊娠、出産、閉経後、更年期など、各ホルモンバランスのステージに応じた口腔ケアのアドバイスをしてくれるでしょう。ホルモンバランスが崩れやすい時期は特に丁寧なお手入れが必要です。

【思春期】
女性ホルモン生産量が上昇し、歯肉炎になりやすい時期。 炎症で出血し、歯肉が増殖することも。綿密で積極的な予防や治療プログラムが必要。
【月経中】
ホルモン量の変化で、歯ぐきが腫れたり、口内炎が起こりやすくなります。 唾液の分泌が減少し、歯周病になりやすい時です。
【妊娠中】
つわりを懸念して歯磨きがおろそかになりがち。 歯周病の炎症で出てくる物質が胎盤に影響し、赤ちゃんの早産や未熟児の可能性があるという報告もあるので要注意。
【更年期】
閉経後は唾液の分泌が下がり、歯周病になりやすくなります。 さらに骨粗しょう症になると、歯槽骨も痩せはじめ、歯周病になりやすくなるという報告もあります。

なりやすい人② 生活習慣に問題のある人

【歯磨きをあまりしない人】
食後の歯磨きは歯垢除去の基本。面倒がらず行いましょう。 忙しくても、寝る前だけは丁寧に磨きましょう。  
【食事のバランスが悪い人】  

偏食はNG。噛みごたえのある食材や、食物繊維、ビタミンCなどは歯周病にいいと言われています。
【たばこをよく吸う人】
ニコチンは歯ぐきの血流を悪化させ、タールは歯にこびりつくと歯垢がつきやすくなるので、ぜひ禁煙を。  
【ストレスをためがちな人】

ストレスは過度の噛み締めや唾液分泌量減少による免疫力低下で歯周病のリスクを高めます。上手に発散を!

なりやすい人③ かたいものをあまり食べない子ども

なりやすい人③ かたいものをあまり食べない子ども

生活の欧米化でかたいものを噛む習慣が減っている子どもは気をつけて。もともと唾液には殺菌・抗菌作用があり、口内を歯周病菌に負けない環境にしてくれます。しかし、ものを噛むことが少ないと唾液が自然と少なくなり、歯周病のリスクがアップ。かたいものも食べさせて!

なりやすい人④ 虫歯がある人

虫歯と歯周病では根本の原因となる菌が異なりますが、いずれの菌も歯の汚れのせいで発生。食後の歯磨きで口腔内を清潔に保つことで予防が可能です。

山陽新聞のマイベストプロ岡山に院長が掲載されました!

↑画像をクリック!

↑画像をクリック!